三十路の簡単な筋肉訓練による体型を維持する戦略。

ボクは身長171cm、ウエイト65kgの34年齢ですが、腕立て伏せと懸垂を通している。これをすることでMサイズのユニクロの衣装がジャストサイズになります。

もちろん太りがちな因習の者、痩せがちな組織の者が居ると思いますが、だからこそ筋トレは大事だと思います。

例えばセール仕事場のTシャツはじめ枚で様に至る健康は安上がりで良いと思います。

ボクはもともと痩せがちな個性だったので筋トレをハイスクール時代にやっていたのですが、効果はてき現状で、品名もののTシャツならはじめ枚で様に上る個性を手に入れました。

さて、34年齢になったボクは太りがちになってきました。33年齢で再び筋肉調教を続開しました。

33年齢から筋肉調教を続開して、ですが、かなりしんどかっただ。

むかしなら筋肉痛は次の日に直ちにでて、直ちに筋肉が強くなりましたが、33年齢ともなれば異なります。

ですが、ゆっくりしたペースで徐々に筋肉は再びつきました。

それからですが、筋肉は維持しなければならないのですが、例えば腕立て伏せはウィークに2回、50回を1セットするだけで十分です。

時間にして2当たりぐらいです。

懸垂もウィークに2回で、20回を1セットするだけです。

大したことがないようですが、断ち切るのとやるのはだいぶ違う。

ウエイトはそんなに落ちないのですが、個性が良くなります。

また、下半身を鍛えない理由ですが、下半身は普段の暮しで扱うから鍛えません。

個性ですが、ウエストが大分締まります。

懸垂も腕立て伏せも上半身を使うからです。上半身を使うからしんどいというのもありますが。

ウエストが引き締まると(ボクはウエスト30から31インチだ。)ジーンズも様になります。

ちなみにボクは一流セール仕事場のクラシックビンテージチノパンを履いていますのでジーンズは履きません。

ボクはもう少し健康を痩せさせたいとボクがおもうのは、体の形式は衣装の上からは良いのですが、

うっすら脂肪なので、面構えが20代初期の間と比べるとどうしてもふっくらしてしまうからです。

これの発散方策はランニングしかないのですが、ボクは歳を受け入れて、やっていません。興味のある方はどうぞ